FC2ブログ

バス模型改造記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟交通 PKG-AA274PAN  りゅーとリンク

nigatapkgaa01.jpg

新潟交通の新潟基幹バス「りゅーとリンク」専用塗色を纏った西工ノンステップバス

nigatapkgaa02.jpg

以前同じタイプのボディを持つ一般塗色車を作った時から作りたかった車両。
しかし、ご覧の通り非常に複雑な塗装パターンをどうやって塗るかが思いつかず、黄色一色を塗った状態で
長い間放置していたが、結局白鳥をモチーフにした部分は筆塗りで手書きすることにした。

<主な改造点>
・一般塗色車の記事を参照して頂きたいhttp://dmf15sa.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
・塗装順序(前から順に黄色→オレンジ1→オレンジ2→赤1→赤2)

nigatapkgaa03.jpg

ようやく一般車との並びが実現

スポンサーサイト
  1. 2014/08/10(日) 16:21:48|
  2. 完成車両
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州産交 P-LV314M

kyusankoplvik01.jpg

熊本を代表する事業者、九州産交。
中でもいすゞは自社発注の路線車では最大勢力を誇っておりキュービックバスはツーステップ末期まで多数導入された。(因みにキュービックワンステップ車の自社発注車はなくて西工や富士重工架装車だった。)

kyusankoplvik02.jpg

以前作っていたバスの屋根上の切り継ぎ箇所が目立っていたので塗装し直したもの。
しかし再塗装後に今度は側面の切り継ぎ箇所が割れてしまい修復する羽目に(^_^;)



  1. 2014/08/10(日) 15:35:44|
  2. 完成車両
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州急行バス KL-MS86MP 西工98MC

kyushugoklms01.jpg

福岡と長崎を結ぶ九州急行バスは沿線5社の出資により設立された。
車両は少し前までは西工架装の三菱の組み合わせで統一されていた。
また九州では珍しく西工C型を高速バスに多数導入していた。(他社の西工はS型中心でC型は貸切が多い)

kyushugoklms02.jpg

8弾西鉄観光から改造すれば簡単にできそうだが今回はフロントバンパー形状が微妙に異なるKC末期~KL初期仕様で作ってみた。

<主な改造点>
・ベースは8弾東京空港交通
・前面パーツを同じ8弾のスーパーハイデッカー車と交換(こうすることで98MCのハイデッカー車と02MCのスーパーハイデッカー車を作ることができる)
・運転席側面エアコングリルも同様にスーパーハイデッカー車と交換する
・側面のパネル割変更(ドア側にも非常口があるのが特徴)
・新しく掘った非常口の取っ手は他のジャンク車体から削り取ったものを使用
・リアパネルライン彫直し(製品の状態だと低すぎて塗装のバランスが変になるため)
・リアバンパーにマフラーの穴をあける
・リアウィンドーを西鉄観光と同じ大きさに拡大
・屋根上リアスポイラー撤去
・リアスポイラー撤去により失われたモールドはランナー伸ばし線で復元(ついでにドア寄りにある配線のようなものも再現)
・屋根上アンテナ(たぶんBS用)をプラ材にて自作
・塗装順序(白→赤→茶→グレー→細部色差し)
・側面窓は富士急行の窓(窓桟のモールド無)にステッカーで窓桟を再現
・リアウィンドーは透明プラバンから自作


  1. 2014/08/10(日) 15:33:40|
  2. 完成車両
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎県営バス U-MP618MT トップドア

nagasakikenei umptop01

全国的にも珍しい県が運営している事業者。
他の公営事業者と違い、雲仙の観光振興を目的に設立された経緯から長距離高速や貸切輸送に力を入れている。
エアロスターのトップドアは長距離路線仕様で導入されたものでターボ付きとなっている。

nagasakikenei umptop02

<主な改造点>
・ベースは4弾名古屋市営バス
・中扉を撤去しプラバンで側面新製
・運転席側エアコングリルの形状変更
・リアエンジンパネルにターボ車特有の張り出しを再現
・リアバンパー内の後退灯形状変更(角→丸形に)
・窓はドア側の前から2枚目と3枚目は運転席側の窓から持ってくる。(全部でベース車2台分の窓が必要)
・リアバックカメラ新設
・塗装順序(車体色アイボリー→車体裾以外の青帯を薄い順→赤帯→車体裾青帯→細部色差し)
この塗色は帯色だけで5色もあり地味に塗装が面倒
  1. 2014/08/09(土) 21:23:43|
  2. 完成車両
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎バス KC-LV280N ワンステップバス

nagasaki kclvone001

長崎市を中心とする長崎県南部を営業エリアにもつ長崎バスのキュービックワンステップバス。
ツーステップの頃は前後折扉で導入していたので、ワンステップバスになって初めて九州らしい中4枚折扉車が導入された。
同時に塗装もこれまでの銀色ベースのものから白色ベースのものに変わった。

nagasaki kclvone002

以前から作ってみたかった側面窓の非常に大きなキュービックワンステップ車。
だが改造箇所が非常に多くなかなか作れなかった。

<主な改造点>
・ベースは11弾のキュービックバス中期型(京成とか京王とか)
・車体を切り継いでホイールベースを実車基準で5000ミリ→5300ミリ(模型では約2ミリ)延長する。
・中扉を元のバスより前寄りに設置する。
・前扉をキュービック初期型から持ってくる(窓の少し小さい初期型の扉を使うことで扉の下を少し削り前バンパーとの段差を小さく見せるため)
・側面窓を下側に拡大する。(リアのパネルラインの高さを基準にする)
・側面後部車体裾の形状変更
・ホイールアーチの大きさを縮小する。(たぶん0.3ミリプラバンを内側に貼り付けて整形したはず)
・ほとんどの側面パネルラインを埋めて彫直す。
・改造に伴い削り取った窓下モールやホイールアーチのフェンダーを伸ばしランナーで復元する。
・側面窓端の波上の飾りはグリーンマックスのコルゲート版を使って作り直す。
・雨樋の前寄りの形状変更
・運転席側のヘッドライト横にカーブ用ランプを再現(バンパーのコーナーリングランプは塗装で表現)
・リアナンバープレートを少し右側に移設
・リアバックカメラを再現(中に金属線を埋め込んで外れにくくしている)
・屋根上のエアコンのコンデンサはミニバスRNから削り取ったものを加工して使う。
・塗装順序(白→赤→青→細部色差し)
・側面窓新製(透明プラバンの表にステッカーで冊子表現、裏から黒く塗ったプラ棒で柱を表現)
  1. 2014/08/09(土) 16:29:19|
  2. 完成車両
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dmf15sa

Author:dmf15sa
FC2ブログへようこそ!
ここでは主にトミーテックのバスコレクションを改造したものを掲載していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
完成車両 (31)
製作中 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。